カナガン 犬!ティーカッププードルに合うのでしょうか?粒の大きさは問題ありませんか?

おすすめ

カナガン 犬!ティーカッププードルに合いますか?

カナガンドッグフードを小型に与えようと思います。
体重が1.5kgのティーカッププードルですが、カナガンを与えて問題ないでしょうか。

そんな質問を頂きました。

カナガン犬

確かにティーカッププードルは体重が2kg以下で超小型犬なので、大きめの粒のフードは食べにくいです。

同様に超小型犬の

  • ヨークシャーテリア
  • チワワ
  • マルチーズ

等も同じような悩みを抱えていると思います。
そのためなるべく粒の小さなドッグフードの方が食べやすいですよね。

実際粒のサイズを計測して見ると大きめの物でも楕円の直径で1cmほどです。

なので、小さい粒であれば8ミリくらい。
サイズとしては中ぐらいか、若干小ぶりです。

ただし、カナガンドッグフードは他のフードには無い食べやすい工夫がなされています。
それが、楕円のドーナツ形で中心に穴が開いていることです。

この穴が開いていることで、軽い力で噛み砕けるようになっているのです。
この穴は飾りではなく、砕きやすい工夫をしてあるのです。

なので、粒のサイズで食べにくいということはありません。

カナガンはトイプードルの涙やけの改善にピッタリ!

涙やけ お手入れ

トイプードルの最も多い悩みは「涙やけ」ではないでしょうか?

ティーカッププードルもトイプードルと同じ体質なので悩みは同様であると思われます。

涙やけの原因は様々ですが、最も多い原因は食事です。

その原因を作る食事としては以下の3つが挙げられます。

  • 人工添加物(保存料・酸化防止剤・香料・調味料・着色料)
  • 低品質な原材料(廃棄肉・肉副産物・穀物の副産物)
  • アレルギー物質(小麦・トウモロコシ・牛肉・豚肉など)

これら食材や添加物で涙やけを起こしてしまうのです。

カナガンはこれら3つの食材は一切含んでいません。
人工添加物は不使用で、保存料としては天然のビタミンEやハーブの抗酸化力で品質を保っています。

肉や野菜などの食材は全て人間が食べられる食材である「ヒューマングレード」です。

そして小麦やトウモロコシなどアレルギーを起こしやすい穀物を一切使用していないグレインフリーです。

さらに肉類は鶏肉以外は使用していませんので、もちろんアレルギーに繋がる牛肉・豚肉を使用していません。

更にこれらの効果で皮膚疾患も予防・改善につながるため、皮膚疾患も多いトイプードルやティーカッププードルにピッタリなのです。

カナガン 犬!ティーカッププードルに合うか、まとめ

カナガンドッグフードは以下のようにトイプードルにピッタリ合うフードであることが分かります。

  • 小型犬に適した粒サイズで噛み砕きやすい形状である。
  • 涙やけや皮膚疾患を予防・改善する効果がある。

カナガン 犬のトイプードルにピッタリであることが分かったと思います。
更に詳しいカナガン 犬の情報が必要なら以下のリンク先が参考になります。
カナガン 犬 の詳しいサイト
もし不安ならこのカナガン 犬のサイトを参考にすると良いでしょう。

 

カナガン犬!ポメラニアンに合うの?適合について詳しく説明を!

愛犬のポメラニアンにカナガンドッグフードは合うのでしょうか?

カナガン犬ポメラニアン

ポメラニアンも小型犬なのでカナガンの粒サイズを気にされている方も多いと思います。

でも全く問題がありません。

粒サイズは約1センチで、ポメラニアンより小さなティーカッププードルでも大丈夫なのです。

ポメラニアンの気になる病気の改善にカナガンが貢献

涙やけにカナガン効果!

ポメラニアンの掛かりやすい病気の1つに涙やけがあります。

溢れた涙で目の下の被毛が赤茶色くなってしまう病気です。

涙やけは

  • 人工添加物
  • 粗悪な原材料(廃棄肉など)
  • アレルギー物質(小麦・トウモロコシ・牛肉・豚肉)

などの影響で起きると言われています。

カナガンドッグフードはこれら原材料は一切含んでいません。

人工の添加物は無添加
原材料は全て人間が食べられるヒューマングレード
アレルギーになり易い物質は使用しない

これらによって、カナガンは涙やけの改善や予防の効果があります。

骨折予防にカナガンが効く

ポメラニアンは身体が細いわりに活発なので、骨折の多い犬種です。

その骨折を予防するには、高いところから飛び降りたりしないように環境を整えることはもちろんですが、充分なタンパク質を摂って骨を強化しておくと良いのです。

カナガンは動物性たんぱく質が豊富なので、骨の強化が期待できるフードなのです。

ポメラニアンのクッシング症候群にカナガンが効く

クッシング症候群は皮膚や肝臓の代謝が異常になる病気ですが、その原因は急な血糖値の上昇と言われています。

カナガンは血糖値の急上昇に繋がる穀物(小麦や米など)を一切使用していません。

完全な穀物不使用(グレインフリー)なのです。

そこため、クッシング症候群を予防する効果が期待できるドッグフードです。

カナガン

カナガン犬!ポメラニアンに合うの?のまとめ

カナガンはポメラニアンに心配される

  • 粒の大きさは問題なし
  • 涙やけの改善予防に効果的
  • 骨折の予防に期待できる
  • クッシング症候群の予防効果が期待できる

これらから、ポメラニアンに最適なドッグフードであると言えます。

もし、あなたの愛犬がポメラニアンだったら、カナガンを一度試してみる価値があると思います。

 

カナガン 犬!カナガンは子犬に合うのでしょうか?子犬に合えは給餌方法教えて!

愛犬がまだ3カ月の子犬です。カナガンは大丈夫?

カナガンと子犬

カナガンは全く問題なく与えることが可能です。

2カ月から給餌がOKとなりますので、給餌量の表を貼っておきます。

子犬の給餌量
超小型
1~5kg
小型
5~10kg
中型
10~25kg
大型
25~45kg
2~3か月 65 145 215 385
4~5か月 85 165 235 405
6~7か月 95 180 255 425
8~9か月 85 165 255 440
10~11か月 65 155 235 425
12~13か月 成犬 145 225 405
14~15か月 成犬 成犬 215 395
16~17か月 成犬 成犬 成犬 385

カナガンを子犬に与えるときの注意点

離乳中はふやかして与える

離乳中の赤ちゃんワンちゃんの場合には、パピー用のミルクもしくは人肌程度温度のお湯でふやかしてから与えるようにしましょう。
高温でふやかすと高い温度の弱い栄養が失われてしまうので、ぬるま湯が最適です。

食事回数を増やす

子犬は胃が大きくなく、1度に食べられる量も少ないのです。

そのため1日に3から5回程度に分けてカナガンを与える用にしましょう。

この間隔はあまり大きく開けない方がワンちゃんの川田には負担が少ないのです。

今までのフードから切り替えるには段階が必要

子犬にカナガンを与える場合には、25%ずつ割合を増やす混合方式を行い必要があります。

スケジュールは下表のとおりです。

経過日 これまでの
ドッグフード
カナガン
ドッグフード
1日目の割合 75% 25%
2日目の割合 75% 25%
3日目の割合 50% 50%
4日目の割合 50% 50%
5日目の割合 25% 75%
6日目の割合 25% 75%
7日目の割合 0% 100%

カナガンの豊富なカロリーは子犬用フードと同等以上

カナガンはカロリーが361kcalと一般の子犬用フードと同等の数字です。
そして、たんぱく質も同様に子犬用以上を誇ります。

そのため、成長期の子犬に与えても、栄養不足になることはありません。

さらに骨の成長に必要となるカルシウムも豊富に含まれているので、子犬時期に与えるのには最適なフードと言って間違いありません。

子犬時期からアレルギー対応を

カナガンはアレルギー物質を含まず、グレインフリー。

子犬の時期からしっかりアレルキー対策ができるので、将来に向けて心配がありません。

カナガンは子犬に合うのか?まとめ

  • カナガンは子犬に必要な栄養素たんぱく質・カロリーを備えている。
  • フードを切り替えるには段階的な移行が必要。
  • 離乳中の子犬に与えるにはふやかして与えると良い。
  • 濃いにに与える際は3~5回に分けて与える。
  • 子犬時期からアレルギー対応していると将来が安心

もし、愛犬が子犬だったら、カナガンを与えてみてください。

フードの切り替えは意外と、飼い主さんとワンちゃん共に負担になりますので、子犬の時期からカナガンにしておけば、将来、ずっとカナガンで通すことが出来ます。

カナガン 犬!柴犬に合うドッグフードなのでしょうか?

カナガンドッグフードって柴に合うんでしょうか?

何時の時代も人気の柴犬は、超小型犬が主流の現在でも登録件数が第4位と人気です。

そんな柴犬にカナガンは合うのか、気になる飼い主さんはきっと多いはず!

そこで今日はカナガンドッグフードと柴犬の適合について、掘り下げましょう。

柴犬とカナガン

カナガンは柴犬に合うのか?

1日1時間以上の運動が必要と言われている柴犬は、とくかく活動量が多いのです。

そのため運動量が少ないだけでストレスになってしまうほど!

最低でも1時間程度の散歩を朝晩行ってあげると良いでしょう。

そんな柴犬には豊富なたんぱく質が必要です。
しかも安物のフードのような小麦やトウモロコシのたんぱく質ではいけません。

筋肉や血液になる動物性たんぱく質でなければ。

そんな柴犬にはカナガンの豊富なたんぱく質がピッタリです。
カナガンは新鮮な生チキン+栄養豊富な乾燥チキンを主原料として動物性たんぱく質が何と!60%も含んだ栄養価が非常に高いフードなのです。

しかもヘルシーな鶏肉は肥満になることなく安心です。

このチキンは平飼いという人間用の鶏肉でも最高級の物です。
栄養価が高く、活動的な柴犬には最高のご飯となるでしょう。

カナガンは柴犬のアレルギー皮膚炎の予防改善に最適

犬アレルギー

柴犬は日本固有の犬種のため、日本の風土に合った犬種です。

そのため、外国から来た犬種よりも病気のリスクが少ないと言われています。

その中で唯一、柴犬で心配になるのがアレルギーです。
その中で食物アレルギーが近年多いと言われています。

食物アレルギーの原因は、以下のリストとなります。

  • 人工添加物(酸化防止剤・着色料・保存料・香料)
  • 穀物(トウモロコシ・小麦)
  • 牛肉・豚肉
  • 粗悪な家畜肉(廃棄肉)

カナガンドッグフードカナガンは人工的な添加物は一切使用していません。
保存のために必要な酸化防止に関しても天然由来のビタミンEを使う事で、全ての人工添加物を排除しています。

安心安全なフードで、しかもアレルギーの元になる物を含んでいません。

粗悪なドッグフードの原材料

カナガンドッグフードは穀物を全て排除した完全なグレインフリーです。
そのため小麦などから来るアレルギーの心配がありません。

鶏肉

カナガンの使用している肉類は鶏肉のみです。
なのでアレルギーの心配がある牛肉や豚肉は使用していません。

もちろん、粗悪な廃棄肉など、肉副産物を含めて一切使用していませんので安心してご使用いただけます。

また、肉や野菜などを含めてすべての食材は人間が食べる食材と同じ品質である「ヒューマングレード」なのです。

カナガンドッグフードは柴犬に合うか?まとめ

カナガンは活動的な柴犬に必要とされる豊富なたんぱく質を摂取できる栄養を持ち合わせています。

そして唯一心配される柴犬の病気であるアレルギーの対策も万全です。

そのため、これから柴犬のフードを検討されるのであれば、カナガンを検討されるのが賢い選択であるといえます。

 

カナガン犬!老犬に合うドッグフードなのか知りたいです。カロリーは大丈夫?

カナガンは老犬(シニア)に合うのでしょうか?

シニアは活動量が減ってくるので栄養価が豊富なドッグフードは避けた方が良いと言いますが、カナガンは問題ないのでしょうか?

確かにたんぱく質が豊富なドッグフードは肝臓に負担が掛かると言われています。

今日は、カナガンが老犬に合うのか!検証しましょう。

アレルギー

老犬には豊富な動物性たんぱく質が必要だった!

シニア犬はあまりたんぱく質を多く摂りすぎない方がよい!

そのように言われる方も多くいます。

確かに消化の悪い穀物によるたんぱく質は肝臓・腎臓など内臓疲労に繋がると言われています。

しかし、カナガンの良質な消化吸収の良い動物性タンパクは別です。

動物性のたんぱく質は、健康維持のための必須アミノ酸が豊富です。

そしてシニアは、筋肉の衰えをなるべく少なくするためにたんぱく質が必要なのです。

実は消化吸収の良いたんぱく質は老化を遅らせる・そして抵抗力を付けるなど、アンチエイジングの効果が高いのです。

なので、カナガンは老犬(シニア)にピッタリのフードと言えるでしょう。

関節に優しいグルコサミン・コンドロイチンが豊富

カロリー

カナガンには関節ケアに優れた効果が期待できるグルコサミン・コンドロイチンが豊富に含まれています。

その量は

グルコサミンが1000mg/kg
コンドロイチンが700mg/kg

と、一般に市販されている関節ケアの専門フードより多く含まれているのです。

一般の関節ケアフードでもグルコサミン・コンドロイチンとも500mg/kg程度です。

まして、老犬専用フードであれば200mg/kg程度なので、カナガンの方が圧倒的にグルコサミン・コンドロイチンの含有量が勝っているのです。

老化予防のDHA・EPAが豊富なサーモンオイルを使用

カナガンはアンチエイジング

カナガンに含まれているサーモンオイルにはDHA・EPAが豊富です。

このDHA・EPAには、アンチエイジングの効果が数多く認められています。

  • 動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞の予防
  • 認知症の予防
  • 白内障・ドライアイ・緑内障の予防
  • コレステロールの改善

このような効果が期待できます。

カナガン犬!は柴犬に合うのか、まとめ

カナガンは以下の理由で柴犬にピッタリであることが分かりました。

  • 筋肉の衰えを防止する豊富なたんぱく質
  • 関節に優しいグルコサミン・コンドロイチンが豊富
  • アンチエイジング効果が高いDHA・EPAを多く含む

もし、老犬・シニアにカナガンを検討されていたら、ぜひカナガンを試してみると良いでしょう。

きっと寿命も延びて、愛犬と飼い主さんを幸せにしてくれるはず!